top  | news  | note  | gallery  | Lamp  | access  | about  | contact  | TAiGA設計室 

●外畑有満子「k.a.n.o」 革の手帖展

Img_fc4608e731a58087234ac4c636aff528
2004年12月3日(金)〜12月16日(木)

schedule book cover exhibition

ありそうでどこにもない、一日に何度でも開いてみたくなるような、
そんな革の手帖。開くたびに日々のことごと、書き記してみてください。
手帖のサイズや革の色などを1つ1つ相談しながら、オ−ダ−もお受けします。
(展示サンプルをアレンジしたものになります。)−終了しました−

外畑有満子 / k.a.n.o
1999年より、ハンドメイドでBagづくりをはじめる。
布・革・フェルトなど、いろいろな素材でBagを制作し、
展示会を中心に活動。

●小林知里 日本画

Img_e31e3367ccd0f9f48c5ade26e139218c
Img_e3cb108a195b77c24e29e659724c9487
2004年11月17日(水)〜11月28日(日)

小林知里 / Chisato Kobayashi
1973年生まれ
1999年愛知県立芸術大学大学院修了 
名古屋を中心にグル−プ展、受賞多数
2004年、愛知県在

●湯沢薫 she left her sorrows behind

Img_1aa90605a17c8cddb452fd53bd92d012
Img_001980326f20091c833fdb37fa648909
2004年11月3日(水)〜11月14日(日)

さまざまな場所を放浪してきた湯沢薫。そんな彼女の夢想を具現、
インスタレ−ション。

「彼女は霧が立ちこめる森の中を歩いていた。そしてふと立ち止まり、
空を見上げると、 木々の隙間から一筋の光が射し込んでいた。
その光は、これから訪れる曖昧な輝く未来の象徴でもあるかのように、
彼女の瞳に輝きを映しだした。森に住む鳥達は希望に向かい唄い始める。
鳥達の歌声は、彼女の悲しみさえも褒め讃えているように、
旋律の粒子となって静寂の中、鳴り響く。
そして翼を休めた鳥達の歌声の残響を耳に残し、
彼女は森の中へ悲しみを置き去りにして、ゆっくりとまた歩き始めた。」

湯沢薫 / Kaori Yuzawa
1971年生まれ。18才の時にスカウトされファッションモデルとして
活躍する傍ら、10代後半よりヨ−ロッパ、アメリカ各地を放浪する。
1997年より本格的に渡米し、San Francisco Art Institute にて
Photography,Book Binding,Experimentalfilmを学ぶ。
帰国後、現代美術の個展、グル−プ展などで作品を発表。
昨年はドイツ・オーストリアでのArt Festivalに映像作品が出展される。
2003年より、Lapin Storm名義で音楽活動も始め、同年にリリースされた
360°Recordsとフェルナンド・カブサッキ共同企画盤のコンピレーション
アルバムにも参加している。
また、雑誌SWITCH、Relax、装苑、リトルモアなどに作品が掲載されるなど、
活動は多岐にわたる。2004年、東京在住。